【家電ソムリエ】パナソニック「NA-VX9800」

KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」でパナソニックのドラム式洗濯乾燥機「NA-VX9800」を紹介しました。このモデルの注目ポイントは「液体洗剤・柔軟剤自動投入機能」とWi-Fi対応による「遠隔操作機能」を搭載したところです。

液体洗剤・柔軟剤自動投入機能は洗剤や柔軟剤の銘柄に合わせて適切な量を滴下するため、タッチパネルもしくはスマホから銘柄を設定できるようになっています。大手メーカーの液体洗剤・柔軟剤、さらには最新銘柄にも対応するためには、Wi-Fiの内蔵が必須だったということでしょうね。以前にも洗剤の銘柄をスマホで指定してタッチで(NFCを使って)転送する機能を搭載したモデルがありましたが、NFC搭載Androidスマホでしか使えないこともあり、あまり意味のあるものにはなっていませんでした。しかし今回のモデルはWi-Fiに対応して遠隔操作も可能になったのが大きな魅力です。

しかも液体洗剤・柔軟剤自動投入機能があるため、洗い物を入れてフタをしておけば、好きなタイミングで洗濯をスタートすることができます。乾燥したてのふわふわの状態で洗濯物をたためるように、会社を出る頃に洗濯をスタート……といった使い方ができるというわけですね。これは便利。「洗濯物を入れておくとにおい移りが気になる」……という人のために、洗濯槽の中に「ナノイーX」を吹きかける「洗濯かごモード」も搭載。至れり尽くせりという感じですね。これはかなりお薦めのモデルです。

安蔵 靖志

IT・家電ジャーナリスト 家電製品総合アドバイザー(プラチナグレード)。AllAbout 家電ガイド。ビジネス・IT系出版社を経てフリーに。デジタル家電や生活家電に関連する記事を執筆するほか、家電のスペシャリストとしてテレビやラジオ、新聞、雑誌など多数のメディアに出演。KBCラジオ「キャイ~ンの家電ソムリエ」に出演中。その他ラジオ番組の家電製品リサーチや構成などにも携わっている。

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。